ジュエルレイン 口コミ

喫煙者の人で背中ニキビに悩んでいる人がいたら、「タバコはやめた方がいいのかな?」

 

と思っているかもしれません。

 

また、非喫煙者でも、副流煙をよく吸ってしまうような環境だと、タバコの影響が気になっているかもしれません。

 

結論からいうと、タバコは良い影響は与えませんし、むしろニキビができる原因にすらなりえます。

 

 

背中ニキビとタバコの関係

 

タバコを吸ってしまったり、副流煙を吸ってしまったりすると、
血管が縮こまってしまい、血行・血流が悪くなってしまいます。

 

 

血行の良さというのは、肌に栄養素を満遍なく運んでくれるという大きな役割を果たしているので、
その機能が悪くなるということになります。

 

その結果、肌に栄養が行き渡らなくなるんです。

 

栄養が行き渡らなくなると、正常なターンオーバー(肌の再生)ができなくなってしまいます。

 

ずっと古い肌が残ってしまうという状況にもなるので、いつまでもニキビは治らないですし、悪化させてしまうことすらあります。

 

 

さらにタバコによって、ビタミンC、ビタミンEの消費が活発になってしまいます。

 

タバコを吸うとビタミンCが足りなくなるということは聞いたことありませんか?

 

これは本当で、免疫力の低下にも影響してきます。

 

 

ニキビの改善に使うはずだった栄養素が、タバコの悪影響を消滅させる方にパワーを使ってしまうので、ニキビに悪影響を与えることは明白です。

 

 

タバコはニキビだけでなく肌全般に悪い

 

タバコはニキビ以外にもシワができてしまったり、頬がコケてしまったり、
カサカサ肌になってしまったり、様々な悪影響をもたらします。

 

 

できるだけ、タバコをやめるようにし、副流煙を吸うような環境には身を置かないことが大切です。

 

 

とはいえ、「すぐにやめられるのであれば苦労はないよ!」という人もいると思います。

 

 

実はわたしも、以前は喫煙者でした。

 

 

やめられた原因は、「タバコが体に悪いものだと強く思い込むこと」です。

 

 

「こんなものを吸っていたら、体調がおかしくなる」

 

「吸わないことで、こんなメリットがある」

 

ということを強く思うことで、やめることができました。

 

 

一度、タバコをやめることでのメリットと、やめないことによるデメリットを洗い出してみてください。

 

きっとやめるきっかけが見つかると思います。

 

背中ニキビの悩みからも解放される日がくるはずです^^

 

 

ジュエルレインの口コミはこちら